本文へスキップ

キャバクラ・ホストクラブの営業を行う店舗設備の規制(風俗営業の設備的要件)

各種許認可申請代行

申請図面代行作成用バナー

風俗営業許可種別設備要件

・設備要件

全ての営業形態に共通する要件
1.客室の出入口に施錠の設備を設けないこと(但し、営業所外に直接通ずる客室の出入り口を除く)
2.善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと
3.騒音・振動が条例で定める数値に満たないように維持されるために必要な構造・設備を有すること
1号営業(キャバレー等)、3号営業(ナイトクラブ等)の要件
1.客室の床面積は、一室の床面積を六十六平方メートル以上とし、ダンスをさせるための客室の部分の床面積をおおむねその五分の一以上とすること。
2.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
3.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
4.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が五ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
2号営業の要件(キャバクラ・ホストクラブ等)
1.客室の床面積は、和風の客室に係るものにあつては一室の床面積を九・五平方メートル以上とし、その他のものにあつては一室の床面積を十六・五平方メートル  以上とすること。ただし、客室の数が一室のみである場合は、この限りでない。
2.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
3.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
4.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が五ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
5.ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
4号営業の要件
1.ダンスをさせるための営業所の部分(以下この項において「客室」という。)の床面積は、一室の床面積を六十六平方メートル以上とすること。
2.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
3.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
4.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
5号営業の要件
1.客室の床面積は、一室の床面積を五平方メートル以上とすること。
2.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
3.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
4.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が五ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
5.ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
6号営業の要件
1.客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
2.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
3.ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
4.令第三条第三項第一号ハに掲げる設備を設けないこと。
7号営業の要件
1.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと
2.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
3.ぱちんこ屋及び令第七条に規定する営業にあつては、当該営業の用に供する遊技機以外の遊技設備を設けないこと。
4.ぱちんこ屋及び令第十一条に規定する営業にあつては、営業所内の客の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること。。
8号営業の要件
1.客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと
2.第二十九条に定めるところにより計つた営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
3.遊技料金として紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこと。

    
境界線
三和行政書士事務所案内

〒136-0071

東京都江東区亀戸

7丁目32番10号

東京都行政書士会所属

江東支部

三和行政書士事務所

連絡先