深夜営業の開始届けをするために必要な要件

各種許認可申請代行

深夜における酒類提供飲食店営業開始届け

人的要件

風俗営業の許可と違い、人的な欠格要件は定められてはいませんが、飲食店の営業許可があることが前提となりますので、飲食店営業許可の人的要件にあたらないことが必要となります。

風俗営業許可の人的欠格要件

     

飲食店許可の人的欠格要件

場所的要件

営業出来ない場所 以下の住居集合地域(東京都)
・第一種低層住居専用地域 ・第二種低層住居専用地域 ・第一種中高層住居専用地域 ・第二種中高層住居専用地域 ・第一種住居地域 ・第二種住居地域 ・準住居地域
      

用途地域の確認

営業所の構造及び設備の基準

  • 客室の床面積は、1室の床面積を9.5㎡以上とすること。ただし、客室の数が1室のみである場合を除く(客室が2室以上ある場合は各々が9.5㎡以上必要)
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  • 善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。
  • 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りでない。
  • 営業所内の照度が20ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
  • 騒音又は振動の数値が 条例で定める数値に達しないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
  • ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。

深夜酒類提供飲食店営業に関しての規制

  • 接待行為
  • 深夜において客に遊興をさせること
  • 深夜における営業に関し客引きをすること。
  • 深夜における営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
  • 営業所で午後十時から翌日の日出時までの時間において十八歳未満の者を客に接する業務に従事させること。
  • 午後十時から翌日の日出時までの時間において十八歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること(保護者が同伴する十八歳未満の者を客として立ち入らせる場合を除く)。
  • 営業所で二十歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること。
境界線
三和行政書士事務所案内

〒136-0071

東京都江東区亀戸

7丁目32番10号

東京都行政書士会所属

江東支部

三和行政書士事務所

連絡先